高血圧の基礎知識と効果的な予防・治療方法のTOPに戻る


高血圧と飲酒


飲酒は高血圧になる危険性が高く、過度の飲酒は心臓病にもなりやすいです。

しかし、少量及び適度の飲酒であれば健康には良いとされています。

いずれにしても、長い期間にわたる過剰な飲酒の摂取は、高血圧の原因になることは言うまでもありません。

ただ、複雑な要因が絡んでいることから、その仕組みはまだ詳しく解明されていません。

今のところ、飲酒をすることで、血圧を上げるホルモンが分泌され、飲酒をすると血圧を下げる効果のあるミネラルが不足してしまうのです。

そうしたことが身体に害を及ぼし、高血圧になるとされています。

もちろん、アルコールは絶対に身体に悪いものではなく、適度の量であれば高血圧とは関係なく、健康増進作用もあるとされています。

アルコールは、血管拡張作用もあり、適量ならば血圧を下げる働きをします。

アルコールは、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病に対しても予防効果があり、動脈硬化の予防にも有効とされています。

まさに、「酒は百薬の長」という所以であり、そう言い伝わる根拠はアルコール飲料全てに認められているものです。

高血圧対策としては、アルコールは、男性の場合で約30ml以下 、女性の場合は約20ml以下の分量で飲むことが良いのです。

毎日の飲酒量が、ビール瓶や日本酒がそれぞれ3本以上になっていると、アルコール性高血圧症になる危険性があるので注意しましょう。

関連コンテンツ

突然の高血圧

高血圧というのは、なかなか自覚症状がなくわからない病気です。 しかし、生活習慣病とも密接につながっていて、高血圧であることが引き金になり、隠れた状態で気づかなかったため、結果的に他の病気を併・・・

過呼吸と高血圧の関係

高齢者の人と若い女性に多い心身症的要因が強い疾病として、過呼吸があります。 過呼吸になると浅い呼吸を急速に繰り返してしまい、血液中の二酸化炭素濃度が低下します。 具体的には緊張や興奮、・・・

腎性高血圧発症のメカニズム

高血圧が原因で発症する病気だけではなく、他の病気が原因で高血圧を発症するケースもあります。 そのひとつに腎性高血圧があります。 腎性高血圧は腎臓の血管が動脈硬化になることで、 腎・・・

高血圧性心臓病とは?

高血圧が原因で心臓に発症する病気もあります。 心臓に発症する病気としては高血圧性心臓病になります。 高血圧性心臓病は高血圧性心疾患ともよばれ、常時血圧が高いことで心臓への負担が大きくな・・・

高血圧性脳出血とは?

高血圧になることで様々の病気を併発しますが、その中でも高血圧性脳出血は死亡率が非常に高いことでも知られています。 高血圧性脳出血は脳内で出血することでおこりますが、出血する場所によって皮質下・・・

高血圧性脳症とは?

高血圧の人が注意すべき症状のひとつに、高血圧性脳症があります。 高血圧性脳症の症状が出ているのにもかかわらず放置した場合には、脳出血や心不全などにまで発展し、最悪のケースでは死亡にまでつなが・・・

高血圧の方が階段を使う時

高血圧の人が体質改善のために運動をすることは重要ですが、日常生活でどのくらいの運動をすればよいのかは、個人差があるでしょう。 体をよく動かす仕事をしている人と、事務職の人とでは、空いている時・・・

高血圧と睡眠不足

高血圧と睡眠不足には密接な関係があります。 夜中によく目が覚めたりする、寝不足気味の悩みのある人は、血圧に気をつけなければなりません。 睡眠不足の人は、高血圧や肥満、心臓病などの生活習・・・

喘息と高血圧

喘息は糖尿病、高血圧と同様に慢性疾患で、完治しない病であると考えられています。 しかし、正しい治療によって、コントロールすることは可能で、健康な人と同じような生活をすることはできます。 ・・・

30代の痩せ型で高血圧の人

肥満は見た目だけでなく、隠れ肥満というものがあります。 それほど太っているようには見えないのに、体脂肪が普通より多く人で内臓脂肪が余分についているケースを指します。 こうした人は、隠れ・・・

悪性の高血圧

悪性高血圧は高血圧緊急症ともいい、すぐに処置しなければ生命に危険が及ぶような重篤な病気です。 血圧が急激、または異常に上がり、各種内臓の働きが上手く果たせなくなります。 頭痛がひどい場・・・

下の血圧が高い場合

通常高血圧というと上の血圧だけが標準より高いと思いがちですが、実は下の血圧が標準より高いので高血圧であるという場合もあります。 下の血圧は血管に血液が流れて、血管が拡張したときの圧力のことを・・・