高血圧の基礎知識と効果的な予防・治療方法のTOPに戻る

肺高血圧症

肺高血圧症の治療というのは、薬物治療が主になりますが、肺高血圧症の治療を有効にするためには、日常生活において十分に注意しなければ、ならないことがあります。 肺高血圧症の患者の日常生活は、リラ・・・
肺高血圧症になると、血液が肺動脈に流れにくい症状になります。 心拍出量の低下は人間が活動する上で、大きな支障をきたします。 それは人間が活動するのに必要な酸素が、血液中に含まれているか・・・
肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る血管に何らかの原因で異常をきたし、肺に血液を送ることが困難となります。 そして、心臓に負担がかかり、次第に正常に動作しなくなる病気です。 10年ほど・・・
肺高血圧症という病気をご存じでしょうか? 循環器系疾患の一つで、心臓から肺への肺動脈の末梢の血管が狭くなってしまいます。 血管が狭くなると血液が通りにくくなり、血圧が高くなってしまいま・・・
肺高血圧症といって肺に高血圧がかかっている人が、診察をうけるたびに支払う医療費は、定期的で長期にわたるために、支払回数が多くなり、とても大変です。 医療費助成制度には、2つの種類があります。・・・
肺に血液を送るための肺動脈が高血圧の状態であることを、肺高血圧症といいます。 肺動脈が高血圧のままであると、血液が流れにくくなるために、心臓の右心室に負担がかかることになります。 右心・・・
肺高血圧症とは、特定の原因というのが現在も分かっていません。 心臓から肺に血液を送るための血管、肺動脈に異常が生じることがあります。 その結果、肺動脈が高血圧状態に陥り、やがては心不全・・・
1歳になるまでの乳児期の新生児に見られる心室中隔欠損症や、シャント性肺高血圧症といった病気は、ほとんどの場合、肺血流の増加と肺血管の収縮によって引き起こされます。 こういった場合、心内修復手・・・
肺高血圧症は、続発性と原発性の2種類があり、患者数は圧倒的に続発性のほうが多いのが特徴です。 原発性は非常に稀な病気で、さらに、なぜ起こるのかなどの原因が分かっていません。 どちらにし・・・
肺高血圧症は、特定の原因というのはいまだ研究中で、はっきりとは分かっていませんが、ほぼ全員の患者に共通して動機や息切れといった、症状が見受けられます。 というのも、肺高血圧症は、何らかの原因・・・
肺高血圧症の原因には、未解明な部分が多く、特に原発性肺高血圧症の場合は、未だに原因が分かっていない、そんな病気です。 ですが、病気の初期段階では、ほぼ全員の患者に共通して見られる症状がありま・・・
厚生労働省の2007年度の統計によると、日本での肺高血圧症の患者数は、年々増えてきています。 1年にだいたい100人ほどの人が、この病気を新たに発症しているという、データもあります。 ・・・
肺高血圧症は、明確な原因がまだ分かっていない、肺動脈内の血圧が何の原因か分からないまま、高くなってしまう病気です。 種類は2つあり、原発性と続発性です。 続発性の方が一般的で、心臓や肺・・・
肺高血圧症は、動脈圧の上昇によって生じるものと左心性の心臓疾患が原因のもの、呼吸器疾患か低酸素によるものがあります。 その他には、慢性血栓や塞栓性疾患によるものと肺血管の直接的な、障害に起因・・・
心臓から肺へ血液を運ぶ際に、何らかの原因によって血管が詰まって、血液が上手く流れなくなってしまうことがあります。 これを、肺高血圧症と呼んでいます。 医師から肺高血圧症と診断される場合・・・
肺高血圧症とは、心臓から肺へ血液を運ぶための肺動脈という血管が狭くなって、その結果、血液が血管を通りにくい状態にして肺動脈の血圧が高くなってしまう病気です。 この肺動脈の高血圧状態がずっと続・・・
心疾患等が原因となり、肺動脈の血圧が高くなる症状を肺高血圧症と呼びます。 稀に心疾患等の病気を患っていないにも関わらず発症することがあり、その場合は原発性肺高血圧症とされています。 心・・・

カテゴリー「肺高血圧症」のトップへ↑