高血圧の基礎知識と効果的な予防・治療方法のTOPに戻る

高血圧の種類

以前は悪性高血圧と加速性高血圧は区別されていました。 治療や検査の結果、臓器の症状の進行度合いなどにあまり差がないため、悪性高血圧を加速型高血圧とも、呼んでいるようです。 そもそもこの・・・
通常の高血圧症は極めて緩やかな進行を見せますが、悪性高血圧症は急性進行性で、非常に危険な状態になってすぐに、血圧を下げるための治療を早くしなければ、命に係わることがあります。 高血圧緊急症と・・・
アルコールというのは急激に血圧を変動させるため、過剰な摂取は身体に悪影響を与える成分ともいいます。 これにより本態性高血圧症と診断された人の多くがお酒を原因としており、アルコール性高血圧と呼・・・
従来は妊娠中毒症とも呼ばれていた妊娠高血圧症候群は、妊娠8ヶ月以降であれば約1割に相当する妊婦に発症が見られます。 体内の赤ちゃんに栄養を送っているため血圧が多少高くなることは問題ありません・・・
老人性高血圧とは、以前から本態性高血圧だった人が移行した場合と、加齢により身体機能の低下で起こる2種類が考えられます。 どちらにしても命の危険性は年齢と共に高まっていきますので、細心の注意と・・・
思春期から25歳くらいまではホルモンバランスが安定しないため、この時期に起こる高血圧症のことを若年性高血圧と呼びます。 ホルモンバランスが安定し始めると血圧は正常値に戻りますので、過剰に心配・・・
高血圧は収縮期血圧と拡張期血圧によって、その重症度が分けられています。 最高血圧が180以上、最低血圧が110以上の場合は、重症高血圧症と診断されて早急に入院して治療が必要となります。 ・・・
通常血圧とは、一日のうちに何度も上下を繰り返していますが、これが異常となると高血圧などの病気となってしまいます。 その内の一つである早朝高血圧とは、その名の通り早朝の血圧が異常に高く、場合に・・・
仮面高血圧とは、病院で診察する際の血圧が正常値であるのに、家庭や職場など自分で測ると高血圧を示すことを呼びます。 つまり、診察の段階でマスクを被った状態の血圧しか見せることが出来ないため、普・・・
白衣高血圧とは、自分で自宅などで血圧を測ると正常ですが、医療機関で医師や看護士などの白衣を着た人が測ると、高血圧になってしまうことです。 緊張してストレスを感じると血圧が上がるのは知られてい・・・
高血圧には2つの種類があり、その原因が解らない本能性のものと、原因が明らかになっている二次性のものがあります。 本能性のものは、遺伝的要素、塩分の取りすぎや運動不足、ストレス、喫煙などといっ・・・
薬物(薬剤)誘発性高血圧とは、血圧上昇作用を有している薬剤を、高血圧の患者が他の持病の治療のために服用することで引き起こします。 例えばどのようなものかというと、非ステロイドや交感神経刺激剤・・・
血管性高血圧とは脈管性高血圧ともいい、大動脈や腎動脈、肺動脈などの主用な血管において狭窄や閉塞性が発生します。 そのために動脈で異常に高い圧がかかって、結果的に血圧が高くなる病気です。 ・・・
内分泌性高血圧とは、主に内臓のホルモン分泌異常によって、血圧が高くなるタイプの病気です。 ホルモン分泌が過剰になる内臓には、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、腎臓などがあり、高血圧の約15%を・・・
腎血管性高血圧とは腎血管病変が原因となって、腎臓の動脈が狭窄したり、閉塞した時に起こる高血圧の一種です。 この病気は全体の1割以下しか患者がいない、非常に重い病気です。 原因にはたくさ・・・
腎実質性高血圧とは、純粋に血圧が高い状態ではなく、他の病気が引き金となって高血圧になることのひとつで、腎臓の病気が原因となる高血圧症のことです。 この場合の腎臓の病気とは、糸球体腎炎・慢性腎・・・
二次性高血圧とは、純粋に血圧が高いという意味ではなく、他の病気が原因となって起こる血圧の高い状態のことで、症候性高血圧とも呼ばれます。 全体の1割以下でしかありませんが、若い人の高血圧は半数・・・
高血圧は大きく3つに分類でき、本態性高血圧、高齢者収縮期高血圧、二次性高血圧症が挙げられます。 なかには原因が分からない高血圧症もあって、この場合は発症する人のほとんどが、このタイプになりま・・・

カテゴリー「高血圧の種類」のトップへ↑