高血圧の基礎知識と効果的な予防・治療方法のTOPに戻る

高血圧の基礎知識

人間の血圧というものは、大抵の場合女性の方が低く、男性は高いものです。 これには女性ホルモンの働きが関係しており、女性ホルモンは血圧が高くなるのを抑える働きがあるのです。 女性は当然女・・・
高血圧は生活習慣病の中でも特に患者数が多く、他の生活習慣病の引き金にもなってしまう病気ですが、意外と危険視されない病気でもあります。 自覚症状が無く、直接的な死に結びつかないからですが、中に・・・
日本高血圧学会とは、高血圧に関する研究、学術的な活動などを通じて、国民の健康増進を目指す特定非営利活動法人のことです。 1978年に300名から発足し、現在は名誉会員23名、功労会員43名、・・・
高血圧を低下させる方法として有効なのは、ダイエットによる減量と減塩です。 具体的には、適度な運動・減塩食・規則正しい生活を日頃から心がけるようにすれば、自然と高血圧ではなくなるのです。 ・・・
高血圧などの持病を持っている方は、保険に加入する場合、なんらかの制限がかされることがあります。 これは保険会社としては当たり前の措置で、持病が悪化して入院や治療が必要になり、最悪の場合、持病・・・
高血圧になると、高血圧症そのものや合併症の程度によって、国から障害として認定されれば、障害年金が支給されます。 障害の程度は1級・2級・3級の3段階があり、支給される金額も異なります。 ・・・
血圧治療のために降圧薬などの薬を服用する方は、多いのではないでしょうか。 生活習慣の改善により血圧が正常になることもありますが、これは高血圧患者の2割程度といるとされていて、それ以外の人は降・・・
日本には非常に多くの高血圧患者がいるといいます。 また、早朝や夜間や職場などでのみ血圧が上がる、高血圧予備軍と呼ばれる人もいるそうです。 高血圧の看護というと、病院で診察を受けて治療す・・・
脳卒中や心筋梗塞を引き起こすため、日頃から血圧に気をつけている方が、増えています。 血圧が上がる病気には数値ごとに細かい判定があり、これは日本の学会で定められています。 血圧が上がる状・・・
高齢化社会が進むにつれ、生活習慣の多様化とも相まって、生活習慣病の増加が続いています。 これらに伴い、日本においての医療費は年を追うごとに増えています。 現在の日本の医療体制は世界での評価・・・
高血圧に限らず、病気治療のために新規で医療施設を探すといった場合、どこに決めればいいのか迷ってしまいがちです。 まず初めに悩むのが、大学病院のような大きな病院がいいのか、それとも診療所やクリ・・・
十分な睡眠をとること、規則正しい生活リズムを維持すること。 この2つは、高血圧にならない為にはとても大切な要素です。 と、いうよりは、健康を維持する上で欠かせない要素なのです。 ・・・
高血圧と水分補給には、因果関係がちゃんと存在します。 しかし、高血圧で病院に通う方には医者からは水分を取るようにと、聞いていないという方も中にはいるのではないでしょうか。 水分をたくさ・・・
日本人の高血圧の90%を占める本態性高血圧症を引き起こす原因は、実は明確には解明されていません。 しかし、50%は遺伝的なもので、もう半分が生活習慣からくるものであることは、分かっていますか・・・
現在特に高血圧が原因で亡くなる方は、とても多くなっているのはご存知でしょうか。 最近ではテレビコマーシャルでも、その危険性を訴えています。 実際に高血圧が原因の病気で倒れ、何とか一命を・・・
高血圧は、さまざまな病気を引き起こす原因となります。 高血圧が動脈硬化を引き起こし、動脈硬化がさらなる血圧上昇の原因となりますから、まさに負のスパイラルといえるでしょう。 これらが原因・・・
高血圧は別名「サイレント・キラー」とも呼ばれ自覚症状が、ほとんどありませんから、普段から血圧を測定しておくことが大事です。 しかし、血圧は一日のうちでかなり変化するものです。 低血圧だ・・・
高血圧と診断されれば、グレードにあった治療や生活習慣改善を試みる必要があります。 それではどの程度まで血圧を下げれば正常値に下がったと、診断されるのでしょうか。 これにも、世界保健機関・・・
現在では高血圧の基準は、かなり細かく設定されています。 これは1999年に世界保健機関と国際高血圧学会によって定義されたもので、日本でもこの定義に則った高血圧診断がされているそうです。 ・・・
高血圧は、生活習慣病の代表格ともいえる病気です。 ですから、その原因は日常生活の中にたくさんあるのではないでしょうか。 塩分やアルコール摂取量の増加や喫煙などは原因のひとつとして、一般・・・
近年では、実にさまざまな生活習慣病が、たくさんの人々を悩ませています。 その中でも特に脳や心臓に関しては自分の命に係わる病気ですので、大変危険で十分注意が必要です。 それらの原因は食生・・・

カテゴリー「高血圧の基礎知識」のトップへ↑