高血圧には食事で対策のTOPに戻る


高血圧と運動と食事の関係


高血圧の改善をする場合、降圧剤などの薬を利用して血圧を下げる方法がありますが、薬によって強制的に血圧を下げるのでは、根本的な改善には繋がりません。

根本的に高血圧を改善したいのであれば、毎日運動をする事で血圧を下げる事が出来ます。

長期間運動を続けていく事で、薬などが必要なくなるまで改善する事も出来ます。

高血圧の改善に効果的な運動というのは、有酸素運動です。

これは、息が上がらないような軽度の運動なので、無理することなく続ける事が出来ます。

有酸素運動には、ウォーキングやサイクリング、水泳、ジョギング、エアロビクス、縄跳びなどがあります。

簡単に行なう事が出来るウォーキングの場合、30分間を週5〜6日続けるだけで、効果が出てきます。

同じ運動でも、ダッシュや筋トレなどは、無酸素運動で逆効果になる場合があるので、注意が必要です。

運動だけではなく、同時に食事の内容にも注意をする事によって、運動との相乗効果でより一層高血圧の改善に繋がります。

食事で特に注意をしなければならないのは、食塩の量です。

これを1日当り6咾僕泙┐觧で、症状を改善する事ができます。

また、食事で気を付ける事は、食塩の量だけではなく、タンパク質やカリウム、カルシウム、マグネシウム、脂質をちゃんと摂取する事も大切です。

これらの栄養は、肉や乳製品以外の、野菜や魚などから摂取しましょう。

運動だけではなく、食事にも気を使う事によって、高血圧の改善をしましょう。

関連コンテンツ

高血圧なら減塩の食事

生活習慣病といわれる高血圧は、かなり進行しないと症状があらわれることがなく、サイレントキラーといわれている恐ろしい病気です。 血圧が高めの方はもちろん、血圧が正常範囲内でも普段から予防するこ・・・

高血圧の食事内容

高血圧と診断された場合、食事管理がとても重要になってきます。 症状の軽い人であれば、適度な運動とともに毎日の食事に気をつけていくと、降圧剤が必要なくなる場合もあります。 よく耳にするの・・・

高血圧の食事療法は食塩感受性を考慮して

高血圧だから減塩された食事をしても、血圧が下がらない人がいます。 そういった人を食塩非感受性、対して減塩すれば血圧が下がる人は食塩感受性といわれており、高血圧の患者内では、6:4の比率になり・・・

高血圧のビールは食事指導を参考に!

お酒やビールなどアルコールを飲む人は、飲まない人よりも高血圧になりやすいといいます。 高血圧になってしまうと大好きなビールやお酒が飲めなってしまうと考え、『量を減らした方がいい』『でも好きだ・・・

高血圧治療のための食事は低蛋白のものを!

高血圧治療や予防のためには、低蛋白のものを食べると良いでしょう。 しかし、いきなり低蛋白食を実行するのではなく、どの程度の食事療法が必要なのか知ることから始めるようにしましょう。 蛋白・・・

高血圧の食事指導は塩分から

高血圧は腎臓、血管などの障害、ホルモンの分泌などが原因の二次性のタイプと、生活習慣、遺伝からの本能性のものがあります。 この病気を持つおよそ9割の日本人が、本能性高血圧であると言われています・・・