薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる方法があります。

たったの3日で血圧が下がっていきます。

詳細はコチラをクリック。

高血圧は、食事で対策を取りましょう。

高血圧にならないための食事と、今以上に悪化させないために、普段の食生活は非常に重要です。

誰でもご存知のことですが、塩分の取り過ぎが一番良くありません。

普通の食事だと1日、13〜15gの塩分を摂取しますが、高血圧の方や予防したい方は、6〜8gに摂取量を抑えます。

塩辛い物に塩分が多いわけではなく、味噌や醤油、ソースと言った調味料から知らずに塩分を摂取してしまいます。

現在は、調味料も減塩のものが売られていますが、お勤めの方は、外食などで知らずに塩分を取ってしまうので注意が必要です。

高血圧食事


どうすれば、外食でも塩分を控えるかは、高血圧予防の食事や外食での塩分が記載された本などが販売されていますので読むことをお勧めします。

次に重要なのは、バランスの取れた食事です。

野菜や果物、牛乳などが血圧を下げる効果があるので、毎日必ず食べるように心がけしましょう。

高血圧に限らず、バランスの取れた食事は、非常に重要です。

そして、食べ過ぎないことも重要です。

特に肥満だと、健康診断などで指摘された方は、減量するだけで血圧が下がる場合があります。

後は、禁煙と禁酒です。

タバコのニコチンやタールは血圧が上がることが証明されていますので必ず禁煙しましょう。

禁酒が無理だと言われる方は、お酒の量を減らすことで対応しましょう。

目安は、日本酒なら1合程度です。

塩分の少ない食事、バランスの良い食事、食べ過ぎない、禁煙して、お酒を控えることで、高血圧の予防にもつながります。

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる方法があります。

たったの3日で血圧が下がっていきます。

詳細はコチラをクリック。


カテゴリー

高血圧と食事の関係
高血圧と食事の関係について
高血圧の方にお勧めのサービス
高血圧の方にお勧めのサービスについて
妊娠による高血圧症候群の食事の注意点
妊娠による高血圧症候群の食事の注意点について
高血圧の方が気をつけたい事
高血圧の方が気をつけたい事について
高血圧の方のための食事メニューの提案
高血圧の方のための食事メニューの提案について
リンク集
当サイトのリンク集