血圧を下げる効果的な方法のTOPに戻る


血圧計の破損事故


高血圧チェックに血圧計を利用する際、注意しなければならないのは、血圧計の破損事故です。

高血圧の予防のために、毎日使うものですから注意が必要です。

まず習慣にしたいのは、利用する前に必ず外観を確認することです。

そして、もしその際に破損等があればそれを測定に使用しないことです。

そうすることで、ケガや不測の事態を防ぐことができます。

また破損事故を防ぐなら、デジタルのものを選んでいただくのも一つの方法です。

水銀を使ったものですと、万が一破損した場合に水銀に汚染されてしまう可能性があります。

また、ガラスなどでケガをしてしまうケースもあります。

デジタルの場合は、速く数値が出ますので高血圧かどうかがわかります。

しかし、デジタルのものでも注意が必要です。

使い方を誤ってしまいますと感電などの恐れもありますので、まず説明書をよく読んで使用するのが一番安全な方法ではないでしょうか。

デジタルの血圧計を使用される場合でしたら、基本的には電子機器ですので、水がかからない場所で使用する事や振動や衝撃を与えないことが必要です。

また、最近は色々な血圧計が開発されています。

少し値段は高めですが、通常のものと比べて壊れにくいものや衝撃に強いものもあります。

血圧計に対しての安全面についても、念頭に入れることも大切です。

高血圧には、これといった自覚症状がありませんので、血圧を毎日測定することが、一番の高血圧予防といえます。

関連コンテンツ

血圧計の右腕の計り方

高血圧が気になり始めた人は、毎日の体調管理を自分で行うことが大切です。 高血圧を自分自身で把握するための確実な方法は、血圧計を使って管理することです。 今は様々なタイプの血圧計があり、・・・

血圧計の計り方

年齢を重ねていくと同時に、様々な病気が気になってきます。 その中でも高血圧は、特に現在日本人に多い病気のひとつでもあります。 高血圧には自覚症状がありませんので、自分で管理するには血圧・・・

血圧計の一般的な価格

日本人のかなりの人が高血圧であるということが、だいぶ一般的に知られるようになってきました。 高血圧の症状は、あまりありませんので、自分で判断するとなると、やはり家庭に1台血圧測定器の購入をし・・・

血圧計の正しい選び方とは?

高血圧になる可能性は誰にでもあります。 健康な人も、定期的に血圧を測ることがすすめられています。 病院で測定するほか、家庭でも定期的に測るなら、高血圧を発症していないか、こまめにチェッ・・・

手首で計る血圧計とは?

手首で計る血圧計の多くは、腕時計の要領で本体と一体になったカフを手首に巻いて血圧を測定します。 袖を大きくまくり上げる必要もなく、小型で携帯もしやすいので、毎日血圧を測定する必要のある高血圧・・・

指で計る血圧計とは?

指で測る血圧計とは、本体と一体になった測定装置に指を差し込んで血圧を測定するもので、測定原理は他の電子血圧計と同じオシロメトリック方式です。 指1本を差し込むだけで測定できるのでとても手軽で・・・

上腕で計る血圧計とは?

電子血圧計は小型・軽量化が進み、価格も手ごろなものが増えてきました。 中でも上腕式の電子血圧計は、他の部位で測定する電子血圧計と比べて、誤差が少ないとされています。 血圧測定は、できる・・・

電子血圧計とは?

近年、高血圧症の患者には家庭で血圧を測定することが、推奨されるようになりました。 これは、家庭での血圧測定の方が早朝高血圧や夜間高血圧を測定しやすいことと、高血圧による脳卒中などの合併症の発・・・

自動血圧計とは?

自動血圧計とは、血圧を測定する時に行う操作を順番どおりに自動で行ってくれる便利な血圧計です。 主に、家庭用に市販されているものや病院、健康管理施設のほかにスポーツ施設でもよく見かけられます。・・・

アネロイド血圧計とは?

高血圧が心配な方が、血圧計を購入する時、どのようなものを選んだら良いか迷うことは珍しくありません。 高血圧には、正確に計測のできるものでなくては意味がありませんし、価格や使いやすさやこういう・・・

水銀血圧計とは?

水銀血圧計は、医療機関でしか使用されませんので、家庭で購入していざ使うとなると難しいものがありますが、練習をすれば慣れますし、上達します。 電子血圧計ではなく水銀血圧計を選ぶ点としては、家族・・・