血圧を下げる効果的な方法のTOPに戻る

血圧測定の基礎知識

バイタルサインとは、体の状態を把握するための基本となるサインのことで、体温、心拍、血圧と呼吸数の4つをいいます。 ほとんどの方は、病院に行った時に診察を受ける際に、このバイタルサインをチェッ・・・
近頃は子供の肥満が増加しているという話が、多く聞かれます。 それに加えて、学校の健康診断でも高血圧の子供が見つかっているのです。 子供の高血圧は、本能性高血圧というものが殆どです。 ・・・
血圧の測定には、正確な操作が必要です。 また、姿勢や計測する位置、環境も大事なことです。 高血圧を抱えている方は、正しく計測ができなければ、計測自体が役に立たたなくなることもあるのです・・・
高血圧などで、血圧測定をするときの注意として、計測する腕が右手か、左手か、によって数値の変わっている人がいます。 また、どちらの腕で測ってもほとんど差がない人もいます。 右手と左手でい・・・
日本高血圧学会のガイドラインによると、血圧の正常数値は上の血圧が130未満、下の血圧が85未満とされています。 最高血圧が130〜139、最低血圧が85〜89の場合、正常高値とし高血圧の前段・・・
高血圧の患者さんなどに対して、臨床現場で主に行われている血圧測定の方法は聴診法です。 聴診法の方法はまず、心臓の高さに左手を置き、先に触診で肘窩上腕動脈の位置を確認しておきます。 上腕・・・
血圧測定の方法には、直接法と間接法があり間接法のなかで、触診法と聴診法があります。 触診法は、動脈を触診し水銀柱を見ながら収縮期血圧、つまり最高血圧値を測ります。 マンシェットと呼ばれ・・・
健康診断などで血圧測定をするのが苦手で、どうしても数値を気にして緊張してしまい、異常に高い値が出てしまうという人が少なくありません。 緊張などの精神的ストレスがあると、交感神経が活発になって・・・
私たちの体内では心臓が拍動することによって、血液が体のすみずみまで送り込まれています。 体中を流れる血液が、血管の壁に与える力を血圧といい、心臓が引き締まって縮んだと同時に、血液を送り込むと・・・
脳梗塞は、脳に血液と酸素を運んでいる動脈の閉塞によって脳細胞が壊死する病気です。 血圧が少し高いだけといって放置しておくと動脈硬化になり、脳梗塞を引き起こします。 高血圧は健康診断など・・・
高血圧予防のために、毎日決まった時間に自宅で血圧測定器を使って、血圧を測定・記録し、健康管理をしている方が増えています。 血圧測定は、右腕上腕部にマンシェットを巻いて、測定器で測定するのが一・・・
高血圧の予防や診断に欠かせないのは、毎日決まった時間に血圧測定を行って記録を取り、自分の普段の血圧値を把握することです。 血圧測定を行う場所は大抵上腕部や手首にマンシェットを巻いて行いますが・・・
血圧とは、血液が心臓の働きによって体中に送られる際に、血液の圧力が動脈壁に与える力のことをいいます。 血圧は部位により異なり、大動脈では高く、毛細血管の抹消にいくほど低くなります。 高・・・
血圧は常に一定ではありません。 その時の状況、例えば運動を行った後、食事の後、入浴中など一日の中でも血圧値は変化します。 特に高血圧の人にとって、毎日の血圧値を知っておくことは大切なこ・・・
血圧の測定方法はいろいろあります。 高血圧と診断されている人にとっては、正確な血圧値を知ることは、とても大切な事です。 病院で医師の診察による測定は、血流の音を聞く、聴診法という方法を・・・
不整脈は心電図を撮った時によく分かりますが、心臓の動きの乱れや脈が飛んだりするのです。 不整脈の主な原因は、加齢によるものです。 過労やストレス、不規則な食生活なども原因となります。 ・・・
血圧測定の際に、拒否感や恐怖感を感じる人は多くいます。 通常は高血圧ではないのに、病院などの医療機関で血圧を測ると、異常な血圧値が出てしまうということも多くあります。 病院で高血圧と診・・・
病院の検査としての血圧測定が苦手と感じる人がいます。 測定時に血圧の数値が異常に高く、高血圧と測定されてしまうから嫌という人もいます。 普段から高血圧の人、血圧測定の経験が少ない人に多・・・
血圧を自宅で測ったときには正常値なのに、病院や診療所などで測ってもらった時に血圧が高くなってしまうことはよくあります。 もし、毎回測定してもらう度に、高くなってしまう場合は、白衣高血圧かもし・・・
高血圧と診断されて高血圧予防のために、血圧測定器の購入を考えている方はたくさんいらっしゃいます。 ですが価格がどのくらいするかは、よく分からないものです。 購入する時には、その人なりの・・・
現代人には高血圧の人が増えています。 高血圧と判定された方でなくても予防をするために、家庭用の血圧測定器を購入しようと考えているご家庭も多いでしょう。 測定器には、今ではさまざまな種類・・・
血圧を測る時には、いくつかの注意をしなければならないことがあります。 できる限り正確に測らなければ、高血圧かどうかの判断も難しくなります。 まず、安静にして計測することが大事です。 ・・・
血圧というのは、毎日同じ数値を出すわけではありません。 そして、1日の間には常に変化していて、日中に計測すると、どうしても高血圧の傾向が出てしまうようです。 仕事をしている人ならば、忙・・・
高血圧でなくても定期的に血圧を測るために、ご家庭に1台は血圧計を置きたいものです。 デジタル式で簡単に計測できるものが数多く販売されていますが、実際に、高血圧かどうかを正確に測ることができる・・・
日頃から血圧の測定をする癖をつけている方、またはどのくらいの数値が正常で、高血圧の症状の数値をか知っている方は、少ないのではないでしょうか。 現在、高血圧にかかる人は、年齢問わず増えているの・・・
高血圧の方は特に、毎日の血圧測定が欠かせません。 しかし、間違った方法で測定してしまいますと高血圧を見逃し、逆に血圧が正常でも高血圧であると誤解してしまう恐れがあります。 注意点として・・・
高血圧の方の数が増える一方ですが、高血圧のチェックには日ごろからの血圧測定が欠かせません。 しかし、一口に血圧測定といっても様々な方法があります。 その中のひとつが後脛骨動脈で測る方法・・・
健康を維持していくためには、普段からきちんと血圧を測り、自分が高血圧ではないかを知っていることが大事です。 そのためには、毎日の継続した計測が理想的です。 血圧は一日のうちでも変動する・・・
高血圧の診断は血圧測定で行い、血圧測定には水銀血圧計か自動血圧計が使われます。 血圧測定の方法には、コロトコフ法という聴診法とオシロメトリック法があります。 水銀血圧計を使用するのがコ・・・
高血圧の予防に欠かせないのが、毎朝起床時に行う血圧測定です。 起床時は一日のうちで一番安静な状態で、この時に測定した血圧値が自分の基礎血圧となります。 血圧測定のやり方は、上腕部にマン・・・
血圧測定を行う目的は、高血圧とそれに伴う脳卒中や心臓病などの合併症を、早期発見することにあります。 実際に、高血圧と診断された患者で血圧の数値が高いほど、脳卒中や心臓病といった重篤な合併症が・・・
血圧測定といえば病院などで測定してもらうものでしたが、近年、家庭での血圧測定が重要視されるようになりました。 病院という環境や医師と対峙するプレッシャーから、本来の血圧より高い数値が出てしま・・・

カテゴリー「血圧測定の基礎知識」のトップへ↑