アルコール性高血圧

アルコール性高血圧

 

アルコールというのは急激に血圧を変動させるため、過剰な摂取は身体に悪影響を与える成分ともいいます。

 

これにより本態性高血圧症と診断された人の多くがお酒を原因としており、アルコール性高血圧と呼ばれています。

 

アルコールを摂取すると身体の緊張が解れ、血管の収縮も緩み血流が良くなる効果があります。

 

しかしこれは一時的な効果であり、アルコールが抜けると逆に神経が過敏になり、血管も収縮し結果的に血圧が急上昇することに繋がります。

 

前述の通り本態性高血圧というのは原因がはっきりしないことを指しますが、試しにアルコールを控えると血圧が低下することは珍しくありません。

 

特に酔わない、つまり自覚症状がない人は気がつかないうちに、過剰な摂取をしてしまうため、この可能性が高いと見受けられます。

 

それではアルコール性高血圧を治療するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

まずはアルコールの摂取量を控えることが最も簡単かつ効果のある方法です。

 

薬物療法や食事療法といった治療法がありますが、お酒を控える以上に効果の出るものはありません。

 

重症高血圧の場合、降圧剤によって一時的な抑制は行いますが、根本である酒量を減少させないことには何の解決にも繋がらないでしょう。

 

お酒は適量を守って飲むと良い影響が出ますが、過剰に摂取しすぎると、このように身体に悪影響を与える原因となってしまいます。

 

一度高血圧となると合併症などの危険性も高まりますので、十分に注意して飲むことが重要となります。