妊娠性高血圧

妊娠性高血圧

 

従来は妊娠中毒症とも呼ばれていた妊娠高血圧症候群は、妊娠8ヶ月以降であれば約1割に相当する妊婦に発症が見られます。

 

体内の赤ちゃんに栄養を送っているため血圧が多少高くなることは問題ありませんが、これが酷い場合にはどのような悪影響が発生するのでしょうか。

 

妊娠性高血圧は原因が明確でなく、妊娠に上手く対応できない人がかかりやすいと考えられています。

 

妊娠をして胎盤ができる1番大事な時期に順応できず、かなり後から症状として現れるとされています。

 

また妊娠8ヶ月以降であれば、それほど重症にはなりませんが、それよりも早く発症した場合は、母体だけでなく赤ちゃんにも影響が出てしまいます。

 

これは非常に危険な状態ですので、迅速な処置が求められるでしょう。

 

このような場合、軽度の症状であれば自宅での降圧剤等の投薬療法が取られますが、重症高血圧と診断されると入院の可能性もあります。

 

一方で発症を事前に防ぐために、栄養はきちんと摂取しつつ、食事療法を行うことが勧められています。

 

元々糖尿病や高血圧といった持病のある人には特に現れやすく、高年出産や若年出産によっても発症しやすいといいます。

 

妊娠が発覚してからでは予防法もあまり取れませんので、常日頃から気を付けておくことが重要でしょう。

 

場合によっては生まれてくる子供にまで悪影響を与える妊娠性高血圧。

 

自分一人の問題だと思わず、子供のためにもしっかりと治しましょう。