若年性高血圧

若年性高血圧

 

思春期から25歳くらいまではホルモンバランスが安定しないため、この時期に起こる高血圧症のことを若年性高血圧と呼びます。

 

ホルモンバランスが安定し始めると血圧は正常値に戻りますので、過剰に心配することはないでしょう。

 

ホルモンバランスが不安定な理由としては、思春期に性腺が活動しだすことが挙げられます。

 

性別に関わらずホルモンの乱れはありますし、人によって安定し始める年齢も異なってくる特徴があります。

 

ただし、思春期に起きた高血圧症だからと言って、本態性高血圧症である可能性は少なからずありえます。

 

その場合は数年後に判明する場合がほとんどなため、現在若年性高血圧は29歳以下の全ての呼称となっています。

 

また生活水準の高まりと共に、幼少から良好な栄養状態を保つことが可能なため、若年性高血圧も増加しているようです。

 

場合によっては重症と診断される血圧値を示している若者もおりますので、日頃から注意が必要でしょう。

 

治療法は食事療法と薬物療法が挙げられますが、年齢的に若いということもありますので、食事療法で改善することが望まれます。

 

食事療法であれば、あまり周囲に知られることなく治療が可能であり、食生活の改善は再発の防止にも繋がるでしょう。

 

豊かな国となった反面、このような問題も新たに発生しています。

 

自己を管理できる年齢ならまだしも、思春期であればそれも難しいですので、きちんと周りの人間が支えていく必要があるはずです。