早朝高血圧

早朝高血圧

 

通常血圧とは、一日のうちに何度も上下を繰り返していますが、これが異常となると高血圧などの病気となってしまいます。

 

その内の一つである早朝高血圧とは、その名の通り早朝の血圧が異常に高く、場合によっては命に関わる病気を誘発してしまう恐れがあるのです。

 

早朝高血圧は人によって2種類に分けられ、ディッパー型とノンディッパー型と呼ばれています。

 

これは血圧の上昇の仕方に違いがあり、それに伴って原因も異なりますので、まずは一つずつ見ていきましょう。

 

ディッパー型は早朝目が覚めると、急激に血圧が上昇するタイプです。

 

夜就寝後に血圧が低下しているのにも関わらず早朝いきなり上昇するため、脳卒中の危険性が非常に高いとされています。

 

続いてノンディッパー型は夜就寝後であっても血圧が下がらず、緩やかに上昇して行き、早朝には高い状態となっていることを指します。

 

このタイプは加齢とともに増えるとされ糖尿病や心不全、睡眠時無呼吸症候群の多くが患っているといいます。

 

そもそも早朝高血圧とは、朝と夜の上の血圧の平均が135以上、または差が15〜20以上ある状態のことを呼びます。

 

そのためノンディッパー型は高血圧を自覚している人が多いため、降圧剤を服用している半分がこれに該当するそうです。

 

早朝高血圧、特にディッパー型は命の危険性も大きいため、放置しておくと必ず後悔するでしょう。

 

早い段階から医師の診察を受けて、処置を施すことが望まれます。