薬物(薬剤)誘発性高血圧

薬物(薬剤)誘発性高血圧

 

薬物(薬剤)誘発性高血圧とは、血圧上昇作用を有している薬剤を、高血圧の患者が他の持病の治療のために服用することで引き起こします。

 

例えばどのようなものかというと、非ステロイドや交感神経刺激剤などが多く、服用することがあるようです。

 

複数の医療機関を利用する場合は、他の医療機関での処方箋を医師に伝えましょう。

 

また、服用している薬剤で血圧が上昇しているか否か、確認することも大切です。

 

薬物誘発性高血圧を引き起こす一例として挙げられる、非ステロイド性抗炎症薬ですが、一般的にこれを服用することで、平均5mmhgほどの血圧上昇が見られます。

 

特に高齢の方は、急性肝機能障害、心不全の発症を招く危険性が高いと、考えられています。

 

糖質コルチコイドは、リウマチや関節炎などの治療の際に使いますが、少ない使用であれば高血圧になってしまうことはありません。

 

シクロスポリンは、臓器、脊髄移植などの免疫拒絶反応を抑えるために、用いられますが、服用した患者の多くが薬物誘発性高血圧になると報告されています。

 

血圧上昇のメカニズムとして、腎循環の変化や、腎毒性の副作用、そして交感神経刺激の増強などが知られています。

 

他にも、グルココルチロイド、エリスロポエチン経口避妊薬などでも、発症する場合があります。

 

かかりつけの医師に今現在服用している処方箋を見せることはもちろん、過去に患っていた病歴、治療法、処方箋なども相談することで、高血圧を防ぐことができます。