二次性(症候性)高血圧

二次性(症候性)高血圧

 

二次性高血圧とは、純粋に血圧が高いという意味ではなく、他の病気が原因となって起こる血圧の高い状態のことで、症候性高血圧とも呼ばれます。

 

全体の1割以下でしかありませんが、若い人の高血圧は半数がこの二次性のものと、判断されています。

 

治療方法は原因となる病気を治療することで、生活習慣病の高血圧とは違います。

 

減塩などといった生活習慣の改善や、血圧を下げる薬を投与する薬物療法では、治療できません。

 

原因となる病気は主に腎臓疾患や内分泌疾患で、こちらを治療しない限り、二次性高血圧は治りません。

 

つまり、原因となる病気が治りさえすれば血圧は下がるという訳で、治療しやすい方かもしれません。

 

特徴として、軽度のうちから自覚症状が現れるので、診断しやすいという点があります。

 

逆にいえば自覚症状を見逃して放置してしまうと、他の病気を引き起こす原因になるので早期発見が重要となります。

 

腎臓疾患や内分泌疾患を発症している人は、定期的な血圧測定を行い、早期発見に努めましょう。

 

病気でなく、妊娠中も血圧は高くなりますので、妊婦さんも血圧測定は忘れずに行った方が良いでしょう。

 

また自覚症状を見逃さない注意力も必要です。

 

高血圧は一般的に自覚症状が無いものですが、この場合は違いますから、早期に発見が可能です。

 

治療も原因となる病気を治せば可能なので、見逃さないようにしましょう。