高血圧の方の保険加入

高血圧の方の保険加入

 

高血圧などの持病を持っている方は、保険に加入する場合、なんらかの制限がかされることがあります。

 

これは保険会社としては当たり前の措置で、持病が悪化して入院や治療が必要になり、最悪の場合、持病が原因で死亡すると、保険会社は生前に加入していた保険に応じて保険金を支払わなくてはなりません。

 

健康な人は保険がおりるような事態になる可能性が低く、高血圧など持病を持つ方は、保険がおりる事態になる可能性が高い場合、保険会社が持病を持つ方の保険加入に制限を課すのは、無理なことなのです。

 

しかし、最近このような事情を逆手にとって持病のある方でも、加入しやすい保険というものが作られました。

 

簡単に言うと、いざという場合の保障内容を低く設定して、高血圧などの持病のある方でも比較的簡単に加入できるような、システムを作ったのです。

 

逆に医師の簡単な審査をパスすれば加入できるというものもあり、持病があっても新規に加入できる保険が増えてきました。

 

高血圧などの持病のある方が加入する保険は、医療保険か生命保険もしくは両方です。

 

医療保険は治療費や入院費を負担してくれるもの、生命保険は加入者が亡くなった場合、遺族に保険金が支払われるものです。

 

高血圧などの持病のある方が加入したいのは医療保険です。

 

治療や入院などの医療費は、生活を圧迫する大きな原因です。