高血圧の名医

高血圧の名医

 

脳卒中や心筋梗塞を引き起こすため、日頃から血圧に気をつけている方が、増えています。

 

血圧が上がる病気には数値ごとに細かい判定があり、これは日本の学会で定められています。

 

血圧が上がる状態には、本態性と2次性の2種類に分類されます。

 

本態性とは原因が分からないということであり、血圧が上昇する方のほとんどが、これにあたります。

 

2次性とは腎臓などの病気が原因で、引き起こされることです。

 

日本国内に3300万人もの高血圧患者がいます。

 

危険な病気ですので、治療をする際には高血圧の名医に診てもらいたいものです。

 

血圧が高いのならば、下げれば良いと考える方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、高血圧症と診断された際にすぐに降圧薬を使用すれば良いというのは、高血圧の名医のする判断ではありません。

 

それぞれが持っているリスクが異なるので、その方に合った治療方法が必要なのです。

 

これは年齢だけでなく、臓器障害や心血管病の有無や循環器系の合併症の有無などを、考慮しなければならないからです。

 

様々な病気には第一人者と呼ばれる名医がいて、もちろん、血圧の名医も存在します。

 

朝日成人病研究所の名誉所長の藤井潤氏が、高血圧の名医として有名です。

 

藤井氏は治療にあたって、前述のような理由から患者一人ひとりに合った治療を行っています。

 

ですので、初診の際の患者からの情報を基に薬などの服用法を提示します。

 

日本中にはまだまだ高血圧の名医が多くいるはずですので、診察を受けて治療したいものです。