高血圧の病院の選び方

高血圧の病院の選び方

 

高血圧に限らず、病気治療のために新規で医療施設を探すといった場合、どこに決めればいいのか迷ってしまいがちです。

 

まず初めに悩むのが、大学病院のような大きな病院がいいのか、それとも診療所やクリニックといった開業医がいいのかという点でしょう。

 

それぞれにメリットがありますが、高血圧の症状が見られる方の場合は、長期的な通院になる可能性が大きいといえます。

 

その点で、通いやすさを優先した近隣の開業医を選んだ方が何かと便利でしょう。

 

もちろん、重度の高血圧で合併症があるなどの場合では、設備も整い、各専門医が待機している大病院の方が適切といえます。

 

しかし開業医にかかっていれば、そのような場合にも適宜紹介してもらえるので、むしろいきなり面識のない大病院に行くよりも間違いがないともいえるでしょう。

 

また、受診する診療科は内科もしくは循環器科が適当といえます。

 

循環器科は、動脈硬化などといった合併症の予防や治療に必要な診療科です。

 

投薬治療だけでなく、食事療法や運動療法に積極的な医療施設であれば、なお期待できます。

 

高血圧の治療では、食事や運動といった生活習慣の改善が、大きなポイントになります。

 

薬を飲んでいることに安心して暴飲暴食や運動不足といった生活を続けていては、治療の効果が出るはずもありません。

 

生活習慣を改善すれば、症状が軽度な方では高血圧が治ってしまうということも、あり得るのです。