高血圧対策

高血圧対策

 

日本人の高血圧の90%を占める本態性高血圧症を引き起こす原因は、実は明確には解明されていません。

 

しかし、50%は遺伝的なもので、もう半分が生活習慣からくるものであることは、分かっていますから、対策がたてられないわけではありません。

 

遺伝的なものは、現在の技術ではどうしようもありません。

 

しかし、日常生活において、血圧をあげてしまう行動を、常習的に行わないようにすることで、高血圧予防を期待できるでしょう。

 

まず、大前提としては、肥満は高血圧を引き起こしやすいです。

 

ですから、肥満解消、つまりダイエットすることで、定常的な血圧をさげることができます。

 

肥満解消に関連していますが、普段から運動をする方は、しない人を比べて、血圧が低い傾向にあります。

 

適度な運動をとりいれることも良いでしょう。

 

ストレスを溜め込むことも血液をドロドロにし、高血圧を招きます。

 

自分なりのストレス解消法、それこそ運動で解消できれば尚良いことです。

 

当然ですが、喫煙は一時的に血圧をあげるだけでなく、動脈硬化の原因にもなります。

 

また、アルコールは血圧を低下させますが常習的な飲酒は、血圧をあげてしまうそうです。

 

ですから、アルコール摂取は常習的では無いほうが良いでしょう。

 

更に、体は急激な寒暖差を感じると血管が収縮し、急激な血圧上昇を起こします。

 

十分注意しましょう。