高血圧の分類

高血圧の分類

 

高血圧の分類とは、正常値から異常値にかけてのリスクの分類となります。

 

成人におけるものは、以下のように分類されています。

 

まず、至適血圧とは収縮期血圧が120以下で、拡張期血圧が80以下の場合です。

 

次に、正常血圧とは収縮期血圧が130以下で、拡張期血圧が85以下の場合です。

 

また、正常高値とは収縮期血圧が130から139、または拡張期血圧が85から89の場合です。

 

ここからが、一般的に高血圧と呼ばれるものになります。

 

まず、1度高血圧とは、収縮期血圧が140から159、または拡張期血圧が90から99の場合です。

 

次に、2度高血圧とは、収縮期血圧が160から179、または拡張期血圧が100から109の場合です。

 

更に、3度高血圧とは、収縮期血圧が180を超える、または、拡張期血圧が110を超える場合です。

 

そのほかに、孤立性の収縮期高血圧があり、収縮期は140を超え、且つ、拡張期が90以下の場合になります。

 

血圧分類と、リスク層分類によって、リスクが判断されます。

 

リスク層分類とは、血圧を除いたリスク要因のことで、リスク層は3段階に分類されます。

 

危険因子が他にない場合は、リスク第1層となります。

 

糖尿病以外の危険因子が1個から2個見当たる場合、例えばメタボリックシンドロームは、リスク第2層となります。

 

糖尿病を含めた危険因子が見受けられ、臓器障害など3個以上の危険因子がある場合は、リスク第3層となります。