高血圧になる原因

高血圧になる原因

 

高血圧は、生活習慣病の代表格ともいえる病気です。

 

ですから、その原因は日常生活の中にたくさんあるのではないでしょうか。

 

塩分やアルコール摂取量の増加や喫煙などは原因のひとつとして、一般的に知られているものですが、実際のところはどうなのでしょう。

 

そのあたりを紹介していきましょう。

 

高血圧には2種類のタイプが存在します。

 

まず1つは本態性高血圧症で、日本人の高血圧の症状の約90%を占めています。

 

ですから、ほとんどの方はこちらのタイプになるわけですが、実のところ、その原因は厳密には解明されていないのです。

 

おおむねの見解としては、遺伝的原因が50%、残りが生活習慣からくるものと、考えられているようです。

 

遺伝的というくらいですから両親、祖父母の方が高血圧であった場合、その可能性は高まるといえるでしょう。

 

もう1つは、二次性高血圧症というもので、こちらは原因がはっきりしています。

 

というよりは、原因がはっきりしているものを総称して、そのようにまとめているようです。

 

このタイプは全体の10%程度で、しかも原因がはっきりしている為、完治させる事も可能だそうです。

 

しかし、全体のほとんどを占めるタイプの原因の半分は、生活習慣に原因があるということしか分かっていないのですから、現代医療でも根本的な治療が難しいのが現状です。