適度なアルコールを摂取する

適度なアルコールを摂取する

 

お酒やビールなどアルコールを飲む人は、飲まない人よりも高血圧になりやすいといいます。

 

高血圧になってしまうと大好きなビールやお酒が飲めなってしまうと考え、『量を減らした方がいい』、『でも好きだからまだ飲みたい』と、毎日ひやひやしながらビールを飲んでる人も少なくないのではないてだしょうか。

 

しかし実は、アルコールをまったく飲まない人よりアルコールを飲む人のほうが、高血圧になりにくいのです。

 

ただし適量を飲んでいる場合です。

 

アルコールをまったく飲まない人よりも、アルコールを適量に飲んでいる人のほうが、高血圧になりにくく、さらには動脈硬化もおこしにくくなっています。

 

しかし適量を越え度を越して飲みすぎれば、その確率はどんどん上がってしまいます。

 

しかし高血圧の原因はなにもアルコールだけではありません。

 

ほかにも食生活や精神的なストレス、また運動不足など色々な要因があります。

 

ですから、大好きなビールを我慢してストレスがたまるくらいなら、適量を飲んでいたほうが健康のためには良いと言えます。

 

アルコールの適量といっても人によりまちまちですので、栄養士や医師に相談し食事指導をしてもらうと良いでしょう。

 

アルコールの適量だけでなく、たんぱく質の制限、塩分の制限など、総合的に食事指導してもらうことで高血圧の発症率を大きく減らすことができます。