高血圧のための食事の作り方

高血圧のための食事の作り方

 

塩分の過剰摂取は、血圧をあげてしまう原因となります。

 

なので、高血圧と診断された場合、塩分摂取の制限が必要となります。

 

高血圧は生活習慣病の一つとされています。

 

高血圧治療の一環として、食生活の見直しがとても大切になります。

 

健康な成人で、1日の塩分摂取量の目標値は10g未満とされています。

 

高血圧患者の場合、もっと目標数値は下がり、1日6gとされています。

 

塩分摂取を控えることは、降圧薬の効き目をあげる上でも大切になります。

 

加工食品を使用する場合は、多くの塩分が含まれているので注意が必要です。

 

また、ナトリウム排泄に必要なカリウムの損失も防いでくれます。

 

特にカリウム制限のない場合は、カリウムを含む野菜や果物を摂るとよいでしょう。

 

カリウムなどのミネラルは、熱に弱いので生で食べる工夫をしてもよいでしょう。

 

かぼちゃは、加熱調理をしてもカリウムの損失がありません。

 

その点、果物は加熱せずに、気軽に取り入れるのでお勧めです。

 

塩分を控える代わりに、油分でコクや風味を出しても良いでしょう。

 

しかし、油分はカロリーの摂りすぎとなってしまう場合もあります。

 

他の合併症を起こさないためにも、摂取量に気をつける必要があります。

 

また動物性脂肪を抑えて、豆・豆製品を積極的に摂取するメニューにするとよいでしょう。

 

ポイントを押さえた食事の内容で高血圧の改善ができるといいですね。