高血圧のための毎日の食事メニュー

高血圧のための毎日の食事メニュー

 

高血圧と言われても、特に自覚症状もなくどうにかなると感じている方は少なくないでしょう。

 

静かに歩みよる高血圧はいつの間にか心臓や血管に負担をかけ、突然脳卒中や心不全などの命を奪いかねない病気の原因になります。

 

ただ、高血圧を事前に防ぐ方法はいろいろあります。

 

ほとんどが生活習慣を見直すことで効果が現れるものなのですが、生活習慣を変えると言うことは簡単なようでとても難しいものです。

 

高血圧の方の場合は、特に重点におかれるのが食事療法です。

 

濃い味の好きだった人が薄口に慣れるまでは時間がかかりますし、ストレスにもなります。

 

ただ、物足りなさを感じなくさせるための工夫をすることが効果的です。

 

例えば、魚のムニエルを作るなら、塩分を控えるかわりに、カレーを加えたり、レモンを添えるのもよいでしょう。

 

また野菜を多く取り入れる食事を考えるようにしましょう。

 

みそ汁などの具に多くの野菜を入れるのも良いでしょう。

 

ただ、味噌は塩分が多く含まれますから、注意が必要です。

 

和食は比較的塩分を多く含む献立が多くなります。

 

洋食を取り入れることも悪くはないのですが、洋食の場合はカロリーが多く、太りやすくなる可能性も含みます。

 

中華の場合は量が多く、油と塩分が多めの献立が多いです。

 

洋食も中華もどうしても食べたい場合は残す気持ちで食べるようにしましょう。

 

高血圧のために食事を考えるのは毎日のことです。

 

できるだけ飽きないように気を使うようにしましょう。