高血圧改善のための食事

高血圧改善のための食事

 

高血圧の人が食べる食事といえば、減塩、油ぬきというイメージが強く、薄味であまりおいしくないと思われがちです。

 

しかし、ちょっと料理法や食べ方を工夫することで、おいしくて塩分をひかえた料理にすることはできます。

 

減塩ばかり気にして、おいしくない料理を無理やり食べても、食欲が落ちてストレスになってしまいます。

 

また体が老化すると、高血圧になりやすいので、新しい細胞を生み出すような毎日の食事を摂るようにしたいものです。

 

肥満の人も高血圧になりやすくなります。

 

たいてい高血圧の人は、デリケートで繊細な人が多いので、うまくストレスを解消することが大事です。

 

食事は、ストレスをためるのではなく、楽しくする必要があります。

 

適量ならば、アルコールも大いに楽しみましょう。

 

アルコールに合う料理を作るのも、さらに楽しみが広がります。

 

料理は、だしやうまみを効かせると減塩できますし、うどんのつゆなどは器に少なめに盛るようにします。

 

香ばしい香りをつけたり、かんきつ類を使うと味にアクセントがつくので、薄い味でも大丈夫です。

 

塩分を多く含む漬物や、干物などはたくさん食べず、少しだけ器に取って盛りつけするといいでしょう。

 

高血圧には、かまぼこ、たらこ、ハムなどの食べすぎも要注意です。

 

カリウムは、血圧のコントロールがしやすくなるので、積極的に摂り入れるようにしましょう。

 

カリウムは野菜やきのこ、海藻、また果物やいもにも含まれています。