高血圧対策としての食事

高血圧対策としての食事

 

高血圧は注意しないと、脳卒中や心不全などの大きな病気に繋がるものです。

 

早めに対策する事が必要ですが、どういったことに注意すればよいのでしょうか。

 

まず、体型として肥満の人は高血圧になりやすいものです。

 

そういった観点からでも、食事制限は必要不可欠です。

 

塩分の取り過ぎや、過度のアルコールの摂取は高血圧の方は意識しているものです。

 

加えて肥満の方は糖分にも注意しなければなりません。

 

肥満の原因には食生活の乱れと、間食などの糖分の摂取が考えられます。

 

食生活がみだれると、必要な栄養素が偏ってしまいがちになります。

 

また糖分の取り過ぎで肥満になると血液がドロドロになっていまいます。

 

血液の流れが悪くなることは心臓に負荷をかけ高血圧の原因でもあります。

 

体が重くなると、運動もしたくなくなりますから血流も悪くなります。

 

心臓にもさらに負荷がかかりますから、悪循環です。

 

そういったことから、高血圧の食事への注意は必要になります。

 

また、血圧の変化には急激な温度変化も影響します。

 

寒さが血圧を上げると言うことは、実際に研究で証明されています。

 

冬の方が高血圧の方の死亡率が高くなっているのも事実です。

 

食事制限を注意することでストレスを感じてしまうと、こういった気温差でも反応してしまいます。

 

あまり過敏になり過ぎない程度に気楽に注意してみましょう。