高血圧になりやすい人

高血圧になりやすい人

 

高血圧になりやすい人とは、どういった方々なのでしょうか。

 

基本的に、年齢を重ねるごとに、リスクは高まっていきます。

 

また、遺伝などで元々危険因子をDNAに含んでいる方もいます。

 

特に、糖尿病や腎疾患などを患っている方は、高血圧のリスクが高いとされています。

 

さらに、妊娠中も高血圧のリスクが高くなり、妊娠中毒症などに繋がる場合もありますので、注意が必要とされています。

 

しかし、ほとんどの場合は、確定できる要因がわからず、塩分の摂りすぎや肥満などの改善をしていくことが多くなります。

 

つまり、肥満体型の方、運動不足の方、食生活に何かしら問題がある方、飲酒量が多い方、喫煙をしている方、内臓に疾患が少なからずある方などは、リスクが高いと言えるのではないでしょうか。

 

また、ストレスも大きな要因とされ、職場高血圧といった用語も出てきているくらいです。

 

特に、会社の健康診断などで正常高値とされる方は要注意です。

 

このように、高血圧になりやすい人は、確定して分類できる方と、要因がはっきりとしない方と様々で、よほどわかりやすい基礎疾患がない限りは、要因が特定できません。

 

そのため、考えられる要因は、1つずつ排除していくことが必要になってくるため、食生活の見直しや運動などを含んだ生活習慣の見直しが必要になってくるのです。