高血圧に良い食事

高血圧に良い食事

 

高血圧には、どのような食事がよいのでしょうか。

 

日本人の食事は、世界と比べると塩分の量が多い食事の文化になります。

 

だからこそ、高血圧の患者は多く注意が必要なのです。

 

世界保健機構では、1日の塩分摂取目標を6gと推奨しています。

 

例えば一般的な日本食で、塩焼き、おひたし、みそ汁を1食にしたとします。

 

これだけで塩分は5gほどになります。

 

たった1色で塩分が5gほどになるのですから、6gに制限することは困難なことです。

 

香辛料や調理方法を考えるなど工夫が必要です。

 

油を控えて、炒めたり焦げ目をつけたりするのも満足感を得られる工夫の一つです。

 

新鮮で素材の味を楽しめる食材を選ぶのも良いでしょう。

 

調理をするときも味付けをしながらではなく、最後に味付けをすることも減塩になります。

 

ちょっとした注意で減塩は意外と簡単に実践できるものです。

 

また、高血圧にもバランスのよい食事も大切なポイントになります。

 

例えば、ごはんなどの穀物類は丈夫な血管を作ります。

 

野菜や海藻類、キノコ類は体外に塩分を排出する働きをもつ成分を含みます。

 

カリウムや食物繊維です。

 

アルコールを好む方は、特に食べ過ぎに注意しましょう。

 

ついつい食べている量が多くなり、気持ちも緩みがちです。

 

高血圧に加え肥満につながってしまうことにもなりますから、適度な量を心がけましょう。

 

身近なことから始めることで、効果的に高血圧の悩みを解決できます。