高血圧予防のための食事

高血圧予防のための食事

 

高血圧を予防するためにはどのような食事がよいのでしょうか。

 

日本の食事は塩分が比較的多いということを知っている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、日本人である私たちに日本食を食べないというのはかなり難しい事になります。

 

日本食を食べないのではなくて、注意しながら食べるようにしましょう。

 

高血圧の原因の一つは塩分です。

 

塩分を多く含む食事は高血圧の敵ですが、いきなり減らすのではなく徐々に減らしていきましょう。

 

高血圧の敵とは言え極端な制限は、ストレスにもなりますし長続きしません。

 

あせらずに時間をかけて味覚を変えていくようにしましょう。

 

例えば、みそ汁やそばなどの汁に使われるだしや味噌には多く塩分を含みます。

 

こういった気がつきにくい塩分を減らすためには、出汁を自分でとることも効果的です。

 

出汁を濃厚にすることで、味が寂しくなることもありません。

 

味付けを濃くする必要もなくなります。

 

ただ、市販の出汁の素を使用するときは、塩分がすでに含まれているので注意しましょう。

 

また、塩分の代わりになるものを使用することも良い方法です、

 

酢やレモンなどの酸味、香辛料などを使用することは塩分を含まないものも多くあります。

 

薄味で食事が楽しくなくなるのは良い事ではありません。

 

積極的に香辛料を上手に取り入れることで、満足感を得ることができます。

 

注意しながら選ぶことで、食事も楽しく高血圧になりにくい減塩が可能になります。