適度な運動をする

適度な運動をする

 

血圧を下げるには、食生活を気をつける以外にも有酸素運動が効果的です。

 

しかし激しい運動は、逆に運動中に血圧が上がるので危険です。

 

1回30分位を目安に、軽めのジョギング・ウォーキング・水泳などが好ましいです。

 

腹筋などは、力んでしまうため血圧が上がるので、危険なので避けてください。

 

また、勝ち負けを競うような興奮する運動も向いていません。

 

高血圧の方の運動は、週に3〜4回続けると高血圧には効果的と言われています。

 

心筋が鍛えられ酸素消費量が少なくて済むようになり、血圧を上げる必要がなくなるからです。

 

そして、運動で手足の血行を促すことによって、高血圧を防ぐことが出来ると言われています。

 

運動が苦手な方にお勧めなのは散歩やプールです。

 

散歩だと自分が運動しているという実感も少なく、苦にならないでしょう。

 

買い物に行く時にちょっと遠回りをしてみるなど、普段の生活の中で歩くことを意識的に取り入れてみるのも一つの方法です。

 

プールは、泳いだりしなくても、水中を歩くだけで水圧が体にかかりますので効果的です。

 

決してきつい運動がいいというわけではないのです。

 

また、運動は一日に何時間もする必要はありません。

 

1日30分程度でよいので毎日行うことがとても大切になります。

 

高血圧はすぐに改善していくものではないので、自分で長続きできると思うものを見つけることをお勧めします。

 

高血圧だけでなく糖尿病の予防にもなりますので、ぜひ続けていきましょう。