肥満にならないようにする

肥満にならないようにする

 

内臓肥満は、高血圧と深いかかわりがあります。

 

肥満体形の人は、体重を減らす必要があります。

 

肥満だと高血圧になるだけでなく、心臓や血管の病気の原因にもなります。

 

体重を落とすことによって、血糖値なども標準になり健康に良いのです。

 

適度な運動も大切です。

 

運動によって有酸素運動を繰り返す事で血圧を下げ、血圧が高くなることを防ぐとされています。

 

そして、インスリン効果で糖尿病にもなりにくく、生活習慣病に適度に運動することは理想です。

 

ウォーキングや軽いジョギングなどが効果的です。

 

軽い運動でも継続していくことで、血圧が高くなることを防ぐことが出来ます。

 

過度なストレスも高血圧の原因となります。

 

ストレスがかかり、イライラするのがつづくと血圧も上がり良くありません。

 

なるべく早めにストレスを解消することをお勧めします。

 

他にも、寒さが血圧を上げるということが分かっています。

 

高血圧の人は冬の寒さに気をつける必要があります。

 

すべての部屋の温度差を少なくし、冷水・熱湯は控えましょう。

 

サウナなどは特に危険ですので避けてください。

 

高血圧を予防するための行動も大切です。

 

十分な睡眠や禁煙などは、心臓や血管の負担を和らげてくれますので常に心がけましょう。

 

このように日々の生活に気を付けていれば、高血圧は防げるのです。

 

規則正しい生活で、人生を有意義に過ごしましょう。