塩分を抑えた食事をする

塩分を抑えた食事をする

 

食塩を摂り過ぎると血圧が上がることは、今までのたくさんの研究で分かってきた事です。

 

しかし食塩の摂取による高血圧は個人差があり、食塩を多く摂取しても高血圧にならない人もいます。

 

そして、塩分の取りすぎは高血圧につながるだけでなく、胃がんになりやすいと言う報告もあるので、持病のあるなしに関わらず、日常的に塩分を減らしたほうが良いとされています。

 

減塩は、心臓の病気やタンパク尿の程度を軽くし動脈硬化を高めますので、たとえ健康であっても減塩を心がける必要があります。

 

現在、1日の塩分の摂取量は10グラム未満で、高血圧の方は7グラム以下が理想の値とされています。

 

漬けものやラーメンのスープ類は塩分が多く含まれています。

 

そして、手軽で便利な加工食品も塩分は多く、塩分を減らすには自炊で塩分を量って調理するのが理想的です。

 

しかし逆に塩分を減らしすぎても良くありません。

 

塩分はカルシウムと同じミネラルなので、摂取しないと体の調子が整えられません。

 

だから多すぎても少なすぎても体に良くないのです。

 

体内の余分な塩分を排除する働きがあるのがカリウムです。

 

高血圧の人は塩分摂取量を少なくして、カリウムを摂取することが大切です。

 

野菜や果物には、カリウムが多く含まれていますので、1日に1回を目安に食べるように心がけましょう。

 

まずは、薄味に慣れることが大事です。

 

塩分計などでを使用して調理する癖を身につけ、生活で減塩を当たり前にしていくことが大事です。