高血圧の合併症がある場合の治療

高血圧の合併症がある場合の治療

 

高血圧は、様々な合併症をもたらします。

 

すでに合併症にある人は、どのような治療をすればよいのでしょうか。

 

薬を使う場合には、合併した症状によって、注意が必要になります。

 

脳血管に障害がある場合には、血圧を標準値に保ちながら、治療します。

 

また、食事による療法などにより動脈硬化を進行させないことが大切です。

 

心臓病と高血圧が合併した場合は、とても例として多く、特に狭心症や心筋梗塞との合併は、非常に危険な状態です。

 

この場合は、血圧をコントロールし、発作を防止することにを重点におきます。

 

腎臓病と高血圧が合併している場合は、高血圧を治療することになりますが、どちらかが原因で合併症を引き起こしているので、どちらにしても、両方同時に治療することになります。

 

糖尿病と高血圧の合併の場合は、動脈硬化が促進されているため、心筋梗塞や脳卒中などが起こりやすい状態になっています。

 

薬を使うときも、糖尿病の薬と血圧降下剤の両方の薬の相性や作用を考えなければいけません。

 

十分な注意を払うことが必要になってきます。

 

ただ、これらに共通していえることは、どのような合併であれ、生活の改善をすることは必要です。

 

喫煙などは動脈硬化を促進させるので断つ必要があります。

 

塩分を控えた低カロリーな食事や適度な運動で、血圧を低下させることも常に頭に入れておきましょう。