高血圧と血管の関係

高血圧と血管の関係

 

高血圧と血管の関係とはどのようなものなのか、一般的にはわかりにくいのではないでしょうか。

 

高血圧で血圧が高いと、血管に対してどういった弊害があるのかというと、血管を流れる血液の圧力が高くなることで、常に血管に刺激が加わり、動脈に負担がかかり傷つきやすくなることが大きな問題です。

 

また、同時に高い圧力で血液を送り出している心臓にも、大きな負担がかかることになります。

 

そのため、心臓は大きなエネルギーを必要とするために疲れやすくなるのです。

 

このように、高血圧になることで、血管と心臓に大きな負担を強いることになります。

 

この状態が続くと、心臓は対応しようと大きくなります。

 

つまり心臓肥大となり、血管はこの高い圧に対応しようと壁を厚くします。

 

また、高い圧力によって血液中の成分が動脈の内壁に入りこみます。

 

さらに、コレステロールなどが加わり動脈硬化の原因となっていくのです。

 

動脈硬化が進んでくると、いずれは体を動かす上で多くのエネルギーを必要とするために、多くの負担がかかる心臓や脳などの血管を詰まらせてしまうことに繋がるのです。

 

これが、心筋梗塞や脳梗塞など、命の危険性が高い疾患へと繋がるのですから、高血圧症は少しも侮ってはいけない疾患ということです。

 

また、高血圧症はそれだけではなく、腎臓などの臓器にも多くの負担がかかり、機能を低下させることにも繋がりますから、早めの改善が必要になります。