高血圧の病状に応じた治療

高血圧の病状に応じた治療

 

高血圧は、初期の頃は、ほとんど自覚症状がないので、発見が遅れることがあります。

 

放置しておくと、いろいろな合併症を引き起こす原因となりますので、定期的に健診は受けたほうがよいでしょう。

 

軽度の高血圧の場合は、医師の指導のもとで、生活習慣を改善する方向でお話があります。

 

また、高血圧の治療の薬というものもありまして、症状の程度によって、薬を使用しての治療が行われます。

 

体質や症状の進行状況などから判断し、処方されます。

 

これは個人の状況によって、違うもので、処方された薬を飲み続けることにより、

 

血圧を下げたり、合併症を防止できる効果が期待できます。

 

これは、毎日飲み続けることが大切です。

 

治療の本来の目的は、血圧を下げることではなく、心臓病や脳卒中などの将来の病気を防ぐことにあります。

 

ですから、できるだけ早く治療は始めたほうが良さそうです。

 

また、すでに高血圧になってしまい、進行がかなり進んでいる人も、生活習慣を改善することによって、血圧を下げることができます。

 

禁煙や禁酒、食塩を採るのを控えめにする、適度な運動をすることによって、血圧が下がるという効果があります。

 

ですから、時すでに遅しと思わずに、今からでも生活習慣を改善することに努めてください。

 

これらのことは、現在、薬の処方を受けて飲み続けている人にも同様のことがいえます。

 

薬の処方は、医師の診断によって判断され、飲んでいいものと悪いものがあります。

 

高血圧の疑いのある人は、まず医師の診断を受けることをお勧めします。