高血圧の合併症と末梢動脈疾患

高血圧の合併症と末梢動脈疾患

 

高血圧は、色々な合併症を引き起こします。

 

臓器や脳に起こるものもありますが、中には末梢動脈疾患というのもあります。

 

この末梢動脈疾患は、加齢により血管がもろくなっている70歳以上の高齢者に見られますが、高血圧の方の患者も多いです。

 

高血圧などの症状をもっている人は、動脈硬化の進行を促進します。

 

末梢動脈疾患は、徐々に動脈が狭くなったり、動脈が突然ふさがったりします。

 

動脈が狭くなったり、ふさがったりすると、血液が流れが悪くなり、体の各部に行き渡らなくなるため、本来血液を受け取っている部位が壊れていきます。

 

末梢動脈疾患の症状は、階段を上がるときに足が動きにくいことや、傷が治りにくいことがにあります。

 

ふくらはぎや足先などがしびれて歩きくくなります。

 

初期の段階では、症状が軽いため、異常と気付かないことも多いですが、高血圧の人はなりやすいので要注意です。

 

治療法としては薬物療法が一般的であり、軽度から重度の方まで、その症状にあった薬を活用することができます。

 

生活習慣の面から見ると、禁煙が効果的といわれ、高血圧の方は、それもあわせて治療していかなければいかないため、それらを管理する必要があります。

 

ジョギングなどの日々の適度な運動も効果的です。

 

末梢動脈疾患を予防するためにも、普段の食事には塩分を控えて、適度な運動をしましょう。