高血圧の合併症と大動脈瘤

高血圧の合併症と大動脈瘤

 

高血圧は、動脈硬化にも深くかかわっています。

 

血圧は、血液が心臓から送り出されたときに発する血液の圧力で、一般的に動脈の内壁を押す圧力のことを指します。

 

高血圧の場合は、血管にかかる負荷が大きいため、動脈硬化になりやすいのです。

 

動脈硬化により、血管が膨張し、そして動脈瘤ができます。

 

動脈瘤は、動脈であれば体のどこでもでき、腹部大動脈瘤が最も多く、胸部大動脈瘤などがあります。

 

動脈瘤は動脈壁の弱くなっているところにできやすいですが、普通は大動脈瘤にできるものです。

 

大動脈瘤は、お腹や胸の動脈がコブのように大きく膨らんで、破裂しやすくなる症状をいいます。

 

これを放置しておくと、血管が破裂する場合も考えられ、血管から血液が流出し、命を落とす危険性もあります。

 

自覚症状が無いことが多いため、動脈瘤の破裂が原因である日突然亡くなってしまう人も多いです。

 

高血圧は、ストレスや、睡眠不足、運動不足、塩分の取り過ぎが原因でなりやすいです。

 

放置しておくと色々な合併症を引き起こします。

 

高血圧を含むこれらの症状は、自覚症状がないことが多く、気付いたときには、手遅れになる場合もあります。

 

会社や市町村の定期健康診断を受けるなどして早期発見に努め、万一発見してしまったら、できるだけ大きな病院で早期に治療にかかることがいいでしょう。

 

高血圧は、生活習慣によっても予防できます。

 

睡眠不足やストレスを溜めないなど、日頃から不規則な生活には十分に気をつけてください。