高血圧の合併症と眼底出血

高血圧の合併症と眼底出血

 

高血圧になると眼底出血という目の症状を引き起こす場合もあります。

 

眼底出血という病名はありませんが、目の奥に出血するもので、出血した部分での視力の低下や目の霞み、蚊みたいな小さな物が飛んで見える飛蚊症などが症状として現れます。

 

このことを眼底出血といいます。

 

眼底出血は、外部から見ても分からないもので、その原因は様々です。

 

症状は眼底出血の起こった場所によって違い、中心部に起きると視力が低下します。

 

また、出血した場所は、その部分の視野が欠けてしまいます。

 

眼底出血は糖尿病と高血圧から引き起こされるものが多く、高血圧から引き起こされるものを網膜静脈閉塞症と呼ばれます。

 

眼底出血は、症状によって、治療法が異なりますが、高血圧や糖尿病から引き起こされた眼底出血の場合は、その元の症状である高血圧や糖尿病などから治療します。

 

そして、安静にし止血剤で出血を抑えます。

 

場合によっては、手術ということもあります。

 

高血圧は、それが進むと動脈硬化が体の血管の至るところで起こり、目などの細い血管にも影響を及ぼします。

 

そして、これらは合併症を引き起こす危険性も高まります。

 

眼底出血は、内科だけではなく、たまたま目の異常で眼科に行ったときに発見されることも多いです。

 

その場合は、そのまま内科を紹介されます。

 

こうした症状を発見した場合には、放置せずに早めの治療を受けたほうが良いでしょう。

 

また、このような症状にならないためにも、生活習慣には気をつけましょう。