高血圧の合併症と糖尿病

高血圧の合併症と糖尿病

 

糖尿病は、インスリンが分泌されなかったり、機能しなくなることにより血糖値が高くなる病気です。

 

健康な人は、食後には一時的に血糖値が上がりますが、糖尿病の人はインスリンがうまく働かないため、血糖値が高いままになってしまいます。

 

糖尿病は高血圧が直接の原因となっているものではありませんが、高血圧の人は、そうでない人と比較すると2〜3倍もの人が糖尿病を患っているという事実があります。

 

糖尿病は血糖値が少し高いだけでは自覚症状はほとんどありません。

 

高血圧も糖尿病も、生活習慣病から引き起こされるものといわれており、喫煙や睡眠不足、運動不足が起因となって、症状が現れます。

 

特に糖尿病は、すぐに症状が現れるのではなく、5年10年と時間をかけて、合併症という形で症状が現れます。

 

気付いたときには、命の危険が及ぼす場合も多くあります。

 

糖尿病は動脈性硬化疾患を起こしやすく、その原因は、高血圧や肥満、高血糖などが知られています。

 

高血圧が原因の場合は、食事の時に、塩分を控えめにするなどの心掛けをしましょう。

 

高血圧と糖尿病が合併すると、心筋梗塞や脳内血管障害などのリスクが高まるといわれています。

 

ですから、血圧、血糖の両方に注意しなければいけません。

 

日々の生活を見直すだけで大分違います。

 

普段から規則正しい生活と、不足にならない程度の運動する習慣を身につけましょう。