高血圧の合併症と心筋梗塞

高血圧の合併症と心筋梗塞

 

高血圧の合併症としての心筋梗塞は、心臓に必要な酸素や栄養が足りなくなることで、心臓の筋肉細胞が壊死してしまう病気です。

 

高血圧の場合、血管に負担が掛かってしまうので、血管の内壁に傷が入ってしまい、その傷にコレステロールなどが蓄積して、血管内壁が厚くなり血の通り道が、少なくなっていく動脈硬化が起こりやすいです。

 

そのため、心臓の筋肉が動くために必要な栄養や酸素を運んでいる血管の冠動脈などにも、動脈硬化が発生してしまうことで、狭心症を発病してしまいます。

 

この狭心症の状態が続くと冠動脈の詰まりもひどくなっていき、この血管が完全に詰まった場合、心臓の筋肉への栄養補給などが滞ってしまうので、心臓の筋肉が壊死してしまいます。

 

これが、高血圧が原因となって発病する心筋梗塞です。

 

壊死してしまった心臓の筋肉は、動きが悪くなってしまうので、最悪の場合、心不全を引き起こします。

 

心筋梗塞の症状は、胸が締め付けられるような痛みや苦しいといった症状が、長時間続くといった特徴があります。

 

心筋梗塞は、合併症などが起こると死に至ることがあるので、注意が必要です。

 

高血圧は様々な病気を引き起こすので、早期発見によってこれらの病気を予防することが出来ます。

 

高血圧を早期発見するために定期的に検診を受けるか、家庭用血圧計で管理しましょう。