高血圧の合併症と狭心症

高血圧の合併症と狭心症

 

高血圧の合併症としての狭心症は、心臓に必要な栄養や酸素などが、冠動脈の血流が悪くなることなどで、足りなくなり発症してしまう虚血性心疾患のひとつです。

 

高血圧が続くことにより、心臓だけではなく、血管などにも負担がかかります。

 

高血圧による負担によって、血管の内壁に傷が出来てしまい、その壁に出来た傷からコレステロールなどが入り、壁に溜まっていくことで、動脈硬化を引き起こします。

 

動脈硬化とは、コレステロールなどが血管内壁に溜まっていくために、血管の収縮性が失われてしまい、硬くなり、血液の通りが悪くなってしまいます。

 

この動脈硬化が進行していくと、血管の壁がコレステロールなどにより厚くなってしまい、血液が通る場所が著しく狭くなるので、血流が悪くなってしまいます。

 

そのため、心臓が動くために必要な栄養や酸素などが十分に心臓へいかなくなり、虚血してしまうことで狭心症となってしまいます。

 

狭心症の症状は、締めつけられるような胸の痛みや、圧迫感などがほとんどで、他には動悸、不整脈、呼吸困難、頭痛、嘔吐などの症状が出る場合もあります。

 

病状が悪化した場合、心臓の筋肉が壊死してしまい心筋梗塞になる場合もあります。

 

高血圧は、非常にわかりにくい病気なので、定期検診などで血圧を測ることによって、発見するしか見つける方法がありません。

 

普段から高血圧に気をつけて、これらの病気を予防しましょう。