高血圧の合併症と心不全

高血圧の合併症と心不全

 

高血圧の合併症としての心不全とは、左心不全が多く、また拡張不全の場合がほとんどです。

 

心不全を大きく分けた場合、異常があるのは心臓の左側なのか、右側なのかによって、左心不全、右心不全に分けることができます。

 

また、その中でも心臓が縮んでいる場合なのか、膨らんでいる場合なのかによって、収縮不全、拡張不全に分けることができます。

 

高血圧が原因となる場合は、まず血圧の異常によって心臓への負担が増えることで、心筋が肥大し、心肥大になります。

 

高血圧の状態が長く続くことにより、心臓自体の血液を送り出す機能に異常が出てしまい、血液を体全体へと送り出す力が弱くなります。

 

このため全身へ送られる血液の量が減ってしまうことで、心不全となってしまいます。

 

そのため、血液を送り出す役割をしている心臓の左側が、心不全となります。

 

心不全の症状は、血液が足りないことなどによる、息切れや、気だるさ、むくみなどがあり、血液のうっ血や呼吸困難などといった症状も出ることがあります。

 

心不全になるのは、高血圧だけが原因ではありませんが、非常にリスクが高いので、血圧の管理などを日頃からすることで、心不全などの心臓病を予防していきましょう。

 

高血圧の予防をするためには、生活習慣や食生活の見直し、管理をしていくことが大切で、日頃から血圧を測ることも重要な予防法になってきます。