高血圧の合併症と心肥大

高血圧の合併症と心肥大

 

高血圧の合併症としての心肥大は、なぜ起こるのでしょう。

 

心臓の役割は、心臓が伸び縮みすることによって、体中に血液を送ることですが、高血圧になると、心臓が血液を送り出すときに負荷がかかります。

 

負荷がかかったままでも心臓は通常通り血液を送るため、心臓の筋肉が強くなっていき、筋肉の厚みが大きくなることで、心肥大となっていきます。

 

心筋が大きくなるのは、血液を送り出す役割の左心室に多く、この心肥大の状態は、高血圧のままだと、どんどんと大きくなってしまい、通常の心臓の約2倍近くまで、肥大することもあります。

 

心肥大の症状が悪化することで、心不全や心筋梗塞などの病気に発展する場合もあります。

 

これらの病気を防ぐためには、高血圧の予防が一番効果的な方法です。

 

もしも、心肥大になってしまった場合でも、血圧を下げてその状態を維持していくことで、心肥大の進行を止めることが出来ます。

 

また、改善できる場合もあるので、血圧の管理をしっかりすることで、治すことも可能です。

 

高血圧を早期発見し、治療をすることにより、予防が出来る病気です。

 

しかし、高血圧には自覚症状がないため、発見しにくいのが現実です。

 

そのため、定期的に病院で診察を受けるか、家庭用の血圧計などを利用し、血圧の管理をしていくことで、早期発見に繋がります。

 

また、食生活などに注意をすることも大事です。