高血圧と腎臓病の良くない関係

高血圧と腎臓病の良くない関係

 

高血圧と腎臓病の良くない関係とは、腎臓の機能のひとつで、ホルモンを分泌する事で、血圧をコントロールする事が出来るのですが、この機能が誤作動してしまい、悪循環と成る場合があります。

 

腎臓は、老廃物などを排出する働きを持っています。

 

体の中の老廃物だけではなく、血液中の老廃物も尿として排出します。

 

これらの機能は高血圧になる事で、負担が増えてしまいます。

 

その状態が長く続く事によって、糸球体にある細い血管などに負担が掛かってしまい異常をきたしてしまう事があります。

 

この状態が腎硬化症で、こうなると体の中や血液の中の老廃物を排出する事が出来なくなり、さらに高血圧になってしまうという悪循環になってしまいます。

 

この状態を治療せずに放っておくと、慢性腎不全になってしまいます。

 

慢性腎不全になってしまうと、腎臓の機能を回復する事が出来なくなるので、最悪の場合は、人工透析をしなければ生命維持が出来なくなってしまいます。

 

高血圧が続くと、血管に傷が出来てしまい動脈硬化などの原因となりますが、冠動脈などの太い血管だけが動脈硬化になるのではなく、細い血管でも同じ事が起こってしまいます。

 

この動脈硬化が、腎臓に通っている細い血管で起きてしまった場合は、血流が少ないので腎臓は血圧が下がったと勘違いをして血圧を上げるホルモンを出してしまい、さらに高血圧となってしまう事もあります。