高血圧が心疾患につながる理由

高血圧が心疾患につながる理由

 

高血圧が心疾患につながる理由は、血圧が高くなることにより、心臓への負担が増えるためです。

 

そのため、体中に血液を送る役目をしている左心室に負荷がかかり、左心室の筋肉が大きくなる事で、左室肥大、心肥大となってしまいます。

 

その他にも、高血圧が原因とされる心疾患はあります。

 

それは、心筋梗塞や狭心症などの、虚血性心疾患や心不全などです。

 

高血圧となることで心筋が肥大する、心肥大ですが、そのままの状態だと、どんどん心臓が肥大していき、症状がひどくなると心不全になってしまいます。

 

また、心臓が肥大している状態では、冠動脈からの血液量が少なくなってしまい、虚血になることで、不整脈や虚血性心疾患などの病気も誘発してしまう危険があります。

 

これらの病気は、死に至ることもあるため、非常に注意が必要です。

 

これらの心疾患を予防するためにも、高血圧を予防していきましょう。

 

高血圧というのは、自覚症状がないため、検査などを受ける以外で発見することは、非常に難しい病気です。

 

そのため、定期的に診察を受ける事で、早期発見をしましょう。

 

家庭用の血圧計を利用するのも非常に効果的なので、定期的に血圧を測ることで、予防する事にも繋がります。

 

また、心肥大になっていたとしても、血圧を下げ、その状態を維持していくことで、心肥大の抑制や改善をする事も出来ます。