高血圧の合併症と腎障害

高血圧の合併症と腎障害

 

高血圧は、多くの臓器に障害をもたらします。

 

本人は、なかなか気付かないものですが、自覚症状がでたときには、すでに合併症が進行していることが多いので、放置することは望ましくありません。

 

早期に発見、対処が必要です。

 

高血圧と腎臓の関係ですが、体内で生じた老廃物は、血液により腎臓に運ばれます。

 

腎臓の中にある網目みたいな血球体でろ過されます。

 

ろ過されたものは尿として排出されますが、このろ過をする機能は血圧によって調整されているのです。

 

高血圧と腎臓は、このように密接な関係がります。

 

そして、高血圧を、そのまま放置してしまうと動脈硬化が進行します。

 

腎臓の小動脈の動脈硬化が進むことにより、腎機能が低下します。

 

この低下させる作用を腎障害、腎硬化症といいます。

 

腎硬化症を放置してしまうと、体の中の不用物を排出する能力が衰えて、体内の体液量が増えます。

 

それがさらに高血圧を引き起こす悪循環に陥ります。

 

腎硬化症は、腎臓の血管が硬くもなり、もろくもなります。

 

小さなブツブツが腎臓の表面に現れ、硬く、小さな腎臓になってしまいます。

 

これをさらに放置してしまうと、腎不全となり、生命に危険を及ぼすようになります。

 

腎障害がでてしまったら、尿酸生成抑制薬と食事食事療法で、これ以上、腎障害が出ないようにします。

 

ただし、症状の程度によっては、薬の量を減らしたりする措置が必要です。