高血圧の合併症と慢性腎臓病

高血圧の合併症と慢性腎臓病

 

腎臓の働きが低下している、または蛋白尿が3ヶ月以上続く状態を慢性腎臓病と言います。

 

慢性腎臓病の原因は様々ですが、その一つに高血圧があります。

 

慢性腎臓病が進行すると、水や塩分の排出が困難になり、むくみが出たり血圧が上昇します。

 

さらに腎機能が悪くなると腎不全を起こし、心筋梗塞や脳卒中を起こす原因になってしまいます。

 

慢性腎臓病は、初期の段階では自覚症状が乏しく、気がつかないうちに腎障害が進んでいき、気付いた時には腎不全になっていたことも、珍しくはありません。

 

そして悪くなると良くなることは期待できないそうです。

 

慢性腎臓病は自覚症状がありません。

 

もし、普段から疲れやすく、だるい、むくみがあるなどの症状があれば、早めにかかりつけの病院に受診するのがいいかもしれません。

 

腎臓病が進行することで血圧も上昇するということですが、もともと高血圧がある場合、高血圧の状態が続くことに比例して腎臓も悪くなります。

 

高血圧の状態が続いても自覚症状が出にくいので、長い間気がつかないで、高血圧であることが分かった時には腎臓病にもなっていたということもあります。

 

早期発見することがとても大事で、慢性腎臓病は健康だと思っている人ほど見つけにくいと言われています。

 

自分の体は自分にしか分からないので、気になることがあったら受診しましょう。