高血圧の合併症と蛋白尿

高血圧の合併症と蛋白尿

 

高血圧は自覚症状がないため、健康診断や他の病気のために医師の診察をうけて分かることが多いようです。

 

そして症状がないために、治療を受けないで放置していることも多いです。

 

しかし治療しないで放置したままだと合併症を起こしてしまい、合併症による色々な症状が出てきます。

 

高血圧の合併症が腎臓にも起こることがあります。

 

高血圧が継続すると小さな動脈に動脈硬化が起こってきます。

 

進行していくと血液の流れが悪くなり、狭心症や心筋梗塞の原因ともなるといわれている虚血状態になります。

 

その状態が腎臓に現れると腎硬化症という腎臓の病気になります。

 

腎硬化症は良性腎硬化症と、悪性腎硬化症があるそうです。

 

良性腎硬化症が病変して悪性腎硬化症になり、治療しないと、進行が早いため悪化するのも早く死に至ることもあります。

 

しかし、悪性腎硬化症になるのはごく一部と言われています。

 

良性腎硬化症の症状としては夜トイレが近くなることと、蛋白尿です。

 

蛋白尿は病気以外でも出ることはありますが、高血圧で蛋白尿が出ることは合併症が腎臓に現れたことが疑われます。

 

蛋白尿の程度が高いほど腎臓は悪くなるそうですし、また、高血圧状態が続いても腎臓は悪くなるということです。

 

腎臓が機能しなくなった場合は人工透析か、腎移植をしなくてはなりませんので、しっかり治療することが必要です。