高血圧の合併症とアテローム血栓性梗塞

高血圧の合併症とアテローム血栓性梗塞

 

高血圧により起こる合併症は多岐に渡ります。

 

その中で命に危険のある重大なものは脳梗塞でしょう。

 

脳梗塞はいくつかの種類に分けることができます。

 

そのうちのアテローム血栓性梗塞は、頸部や脳の太い血管が詰まることにより起こります。

 

これは高血圧により動脈硬化が起こっているためで、その硬化は動脈硬化の1種でアテローム硬化と呼ぶこともあります。

 

アテロームというのは、コレステロールがおかゆのように固まったものを指します。

 

そのアテロームが血管の中にできると、血管が狭くなってしまい、そのため血栓が詰まりやすくなります。

 

また血栓がはがれて血管の中を流れていき、別の場所で詰まることもあります。

 

アテロームは少しずつ血管のなかで成長していき、血流を阻害するようになります。

 

ですが、詰まった場合に脳細胞が壊死する範囲はそこまで広がらないようです。

 

症状は片麻痺や視野がかけるといったもの、こん睡状態に陥るものなど、患者によって様々です。

 

安静時に起きやすいため、起床時などに注意が必要でしょう。

 

以前は日本人にはラクナ梗塞のほうが多かったようですが、近年は食生活の変化などによりアテローム血栓性梗塞が増えてきています。

 

高血圧が原因で動脈硬化が起こるわけですが、高血圧の原因として塩分や脂肪分の取りすぎも挙げられます。

 

欧米的な食生活を続けることで脳梗塞の危険性がより高まるということです。

 

高血圧だけでなく、いわゆる生活習慣病には十分注意したいですね。