高血圧の合併症とラクナ梗塞

高血圧の合併症とラクナ梗塞

 

高血圧になると様々な合併症が起こります。

 

この中で命に関わる症状として知られているものに脳梗塞があります。

 

ラクナ梗塞は脳梗塞のタイプの一つで、日本人に大変多いと言われています。

 

ラクナとは小さな空洞という意味です。

 

ラクナ梗塞は脳の極めて細い血管(穿通枝)が詰まることで起こります。

 

脳の細い血管が高血圧によって弱っているにもかかわらず、長い期間破られずに持ちこたえていると起こりやすくなります。

 

破られなかったために少しずつ血管が詰まっていきます。

 

そうすると細い血管の先の脳の奥に微小な梗塞ができるのです。

 

小さい梗塞のため目立った症状が出ないこともあります。

 

その場合を無症候性脳梗塞と言います。

 

ラクナ梗塞はMRI検査で診断することが出来ます。

 

段階的に梗塞が進んでいくため、突然意識がなくなるということはありません。

 

しかし寝ている間、朝方や夜遅くなど、安静にしている時に起こりやすいようです。

 

症状は、手足のしびれや言葉が発しづらいといったもので、脳梗塞の予兆のような症状は、ほとんど出ないようです。

 

長い間の高血圧になっていると起こる脳梗塞のため、高齢者に多い脳梗塞と言えるでしょう。

 

この脳梗塞は、高血圧に気づかないと起きる可能性が高いと言えます。

 

糖尿病や脂質異常症、喫煙などが原因の場合もあるようですが、やはり多くが高血圧のようです。

 

気づいてしっかりと血圧を下げる治療をしていれば、ほぼ回避できる梗塞でしょう。

 

ラクナ梗塞の治療には抗血小板薬が使われます。