高血圧の合併症とくも膜下出血

高血圧の合併症とくも膜下出血

 

高血圧の合併症としてのくも膜下出血があります。

 

脳動脈瘤の破裂は、くも膜下出血の原因の大部分を占め、その割合は80%にものぼります。

 

脳動脈瘤の基本的な原因は、遺伝的なものから先天的なものまでありますが、どちらも高血圧によって、動脈瘤が大きくなっていきます。

 

くも膜というのは、脳を覆っている髄膜のひとつで、他には硬膜、軟幕という膜があります。

 

くも膜と軟幕の間にある空間のことを、くも膜下腔といいます。

 

このくも膜下腔には、髄液が入っているのですが、近くの血管が破れたりすることで、ここに血液が入り込んでしまった場合をくも膜下出血といいます。

 

そのため高血圧などにより、脳内に出来ていた血管、動脈瘤等が破れ、くも膜下出血に至る場合が多いです。

 

くも膜下出血の症状は、何の前触れもなく突然激しい頭痛になる事が多いです。

 

また、同時に吐き気や、嘔吐などの症状も出て、すぐには収まらず数日間続きます。

 

症状がひどい場合は、意識障害となり、頭痛などが起きても自分で知らせる事が出来なくなります。

 

治療には外科手術によって、止血をしたり、溜まった血を抜く等をしますが、血腫が発見された時点で、内科的治療を行うことで破裂しないようにするなどの方法もあります。

 

高血圧を予防することで、血腫の破裂などは起きなくなるので、食事管理などをして日頃から高血圧に注意しましょう。